« 医者に勝る看護師 | メイン | 菊川怜が体調不良? »

医師のクリスマス

私の友達がクリスマスイブに手を包丁で切ってしまったことがあります。
それで病院の時間外で傷口をぬってもらたそうです。
そのときにお医者さんと交わした会話が「私たち、クリスマスイブになにやってるんでしょうね」だったんだそう。
まあ友達はクリスマスパーティーの準備をしていてのことだから、まあよしとして。
お医者さんはほんとクリスマスとか関係なく、病院にいなきゃいけないわけだから大変ですよね。
もちろんクリスマスに限らず、お正月とかも関係ないだろうし。
若手の医師がそういうときの当直とか担当するんでしょうけど、でも若手でなくなったからといって解放されるわけでもなく。
自分の担当の入院患者さんがいたら、やはりいつ呼ばれてもいい準備をしてないといけないでしょうからね。
長期休みになったからといって、旅行などにはいけない、というのが実際なんでしょう。
お医者さんがクリスマスなのに、自分はなにやってんだろうな、と思っちゃうのもわかる気がします。
独身のうちはまだいいとして、子供ができたりして、一緒にクリスマスが過ごせないのはちょっとかわいそうな気も。
そうなると、自分で時間の都合がつけやすい独立開業をしたくなるのもちょっとわかりますね。
せめてクリスマスくらいは大変な患者さんが運ばれてこないような日になるといいんですけどね。
医師はやっぱり大変です。国立病院の医師に転職してきた人は特に見てて大変そう。
国立病院の医師の給与面ってそんなにいいとは思わないんですがねえ・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mhpcommunications.com/mt3/mt-tb.cgi/29

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年12月26日 17:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「医者に勝る看護師」です。

次の投稿は「菊川怜が体調不良?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38